離婚と探偵興信所

離婚問題と探偵興信所

離婚問題と探偵興信所の役割

離婚の種類

現在の法律では、離婚の種類として、下記4つを規定している。

  • 協議離婚(協議上の離婚)
  • 調停離婚
  • 審判離婚
  • 裁判離婚(裁判上の離婚)

離婚問題で探偵が必要となるケース

離婚問題で探偵が必要とされるケースには以下のようなものがある。

  • 不貞行為の立証(浮気の事実・証拠収集)
  • DV被害等の証拠収集
  • 配偶者の失踪・家出による居場所確認
  • 配偶者の家族・親戚類の所在確認
  • その他、離婚時に必要な情報収集等

離婚問題と探偵興信所の調査項目

離婚のための調査項目

離婚のために必要な調査の項目

  • 浮気調査(不貞行為の立証・証拠収集)
  • 人探し・行方調査(所在確認等)
  • 風評・情報収集調査(裏付け調査・証言収集)
  • その他

離婚問題と探偵興信所の依頼料金

離婚時に依頼する探偵興信所依頼料金

離婚に向けた調査の料金の相場は、依頼する内容や依頼先である探偵興信所によって異なります。下記は、浮気が原因で離婚を考えている場合の不貞調査の料金相場を高い順に表記しております。ご参考ください。
 
例:不貞の事実確認・証拠収集 7日(一週間)調査(1日5時間〜10時間)

高めの探偵興信所 基本料金・予備調査(事前調査)料金・機材(撮影等)費・車両(車・二輪等)費・
調査員人数×人件費(人数によって変動)・諸経(交通・燃料等)費
合計120万円〜150万円以上(※追加料金無し表示・パック料金等が多いのが特徴)
一般相場の探偵興信所 基本料金・予備調査(事前調査)料金・機材(撮影等)費・車両(車・二輪等)費・
調査員人数×人件費(人数によって変動)・延長料金・諸経(交通・燃料等)費
合計60万円〜90万円前後(※1日単位での料金提示・任意延長の課金方式が特徴)
安めの探偵興信所 調査基本料金・機材(撮影等)費・車両(車・二輪等)費・諸経(交通・燃料等)費
合計30万円〜60万円前後(※少人数調査・成功報酬設定・必要最低限の調査が特徴)

 

不貞の事実確認・証拠収集調査の料金設定は、探偵興信所によってそれぞれですが、受ける浮気調査の難易度であったり、期間、1日あたりの調査時間、重視する情報・証拠収集の追求度などによって調査手法を決めるため、どの案件でも一律ではありません。の料金が「高い」「安い」「一般的」を判断するためには、自分の考える調査内容を探偵興信所の担当者に詳しく相談することが大切です。

離婚問題と探偵興信所相談

離婚問題に関するご相談

離婚問題に関するご相談は、探偵興信所(社)無料相談をご利用ください。

はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

探偵興信所は、いつでも、だれもが安心して利用できる調査機関です。探偵興信所は全国の司法事務所に推奨されています。はじめて探偵興信所の利用をお考えの方は必ずご相談ください

  • 探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

    ※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
    ※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
    ※お急ぎの方はお電話FAXでも無料相談ができます。

    お名前(匿名でも可)
    お住まい地域
    ご連絡先(固定または携帯)
    メールアドレス

    ※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

    調べたい事柄(知りたい事)
    現時点の情報(今わかっている事)
    調査目的(要望・その他質問)
    希望予算
    円くらい

    関連記事
    真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所一般社団法人
    ページトップへ戻る