損害賠償-探偵wiki

 

 

損害賠償

損害賠償概要

損害賠償読み

損害賠償:そんがいばいしょう:ソンガイバイショウ:indemnity

損害賠償とは

損害賠償とは他人に与えた損害を補填し、損害が発生する前と同じ状態にすることをいい、民法では債務不履行と不法行為を主な原因として、被害者はそれを請求する権利があります。

損害賠償について

損害賠償の解説

損害賠償とは、違法行為によって損害を受けた人(将来受けるはずだった利益をも含む)が、その損害を与えた者が損害の埋め合わせをすることをいいます。また損害の埋め合わせとして交付される金銭または物品そのものを指すこともあります。損失補償(適法な行為により損害の埋め合わせをする損失補償)とは区別されます。近年では民事紛争と刑事紛争がはっきり区別されるようになり人権の意識も向上し、金銭賠償が一般的にとられるようになってきています。損害賠償制度の目的としては損害に対する補填と将来の違法行為を防ぐことなどが挙げられます。

損害賠償関連項目

浮気相手に対する損害賠償請求/慰謝料の金額

浮気相手に対する損害賠償請求
片一方の配偶者が不貞行為をした場合、損害を被った配偶者は、配偶者と異性の愛人に対し、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として、損害賠償請求できます。理由はどうあれ、不貞行為自体が違法であり慰謝料の請求が認められます。但し、夫婦関係が既に破綻している状態で、配偶者が異性と性的関係を持った際は、夫婦関係の破綻に因果関係は認めらず、不貞行為を理由とした慰謝料請求はできません。あくまで、不貞行為が直接的に離婚に至る原因と判断されることが必要です。また、不倫をした配偶者が、結婚していることを隠し、その愛人がその事実を知らない場合や、暴力等で持った関係については愛人に対しては責任は問えないケースがみられます。こういったケースでは責められるべきは貞操義務違反した配偶者になります。
 
損害賠償(慰謝料)の金額

不貞行為に対する慰謝料の金額は、損害の程度や個々の事情が考慮され決められます。金額算定に考慮されるのは、被害を受けた配偶者の精神的苦痛度、不貞行為で夫婦の婚姻関係が破綻したかどうか、年齢、結婚年数、不貞行為の期間・回数、愛人の財力や社会的地位などを判断し、裁判官が金額を決定します。離婚をしなくても慰謝料請求はできますが、離婚した方が、慰謝料が高額になる傾向がるようです。損害賞請求は一般的には200万円程度が多いようです。

損害賠償リンク

損害賠償リンク

損害賠償に関するご質問・お問い合わせ

損害賠償に関するお問い合わせ

損害賠償に関するご質問・お問い合わせ

お名前
お住まい地域
ご連絡先(固定電話・携帯)
メールアドレス
ご質問・お問い合わせ内容

はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

探偵興信所は、いつでも、だれもが安心して利用できる調査機関です。探偵興信所は全国の司法事務所に推奨されています。はじめて探偵興信所の利用をお考えの方は必ずご相談ください

  • 探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

    ※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
    ※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
    ※お急ぎの方はお電話FAXでも無料相談ができます。

    お名前(匿名でも可)
    お住まい地域
    ご連絡先(固定または携帯)
    メールアドレス

    ※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

    調べたい事柄(知りたい事)
    現時点の情報(今わかっている事)
    調査目的(要望・その他質問)
    希望予算
    円くらい

    真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所一般社団法人
    ページトップへ戻る