審判離婚-探偵wiki

 

 

審判離婚

審判離婚に関する解説

審判離婚読み

審判離婚:しんぱんりこん:シンパンリコン:divorce arbitration

審判離婚とは

審判離婚とは、調停離婚で委員によって繰り返し調停が行われたにもかかわらず、離婚成立の見込みがなさそうな場合、離婚成立させる方が双方に取って良いと判断される場合に、家庭裁判所は調停委員の意見を聴き、離婚の処分を下すことができます。これを調停に代わる審判と言い、強制的に離婚を成立させます。

審判離婚について

審判離婚解説

審判離婚は、家庭裁判所の調停官が離婚に関する事実調べを行ったり、当事者の証拠を調べた上で、離婚の審判を下します。また審判では、親権者、監護者の指定であったり、養育費、財産分与、慰謝料等の金額を命じることもできます。

審判離婚が適当だと認められるケース

  • 夫婦双方が審判離婚を求めたとき
  • 実質的には離婚の合意が得られているが、なんらかの事情で調停成立時に出頭できないとき
  • 合意できない理由が主に感情的反発であるなど異議の申立ての可能性が事実上ないとき
  • 親権者の争いなどで、その時点における家庭裁判所の判断を示すことに意義があるとき
  • いったん離婚に合意した後に、一方が気持ちを変え、調停への出頭を拒否したとき

審判離婚関連項目

審判離婚の効力と異議申立て

審判離婚がなされた場合は、当事者からの異議の申立てがなければ、確定判決と同じ効力を有することになります。しかし審判後の2週間以内であれば、当事者から異議が申し立てられると、その審判の効力は理由を問わず失われることになります。従って、審判離婚の効力は当事者の異議によって失われてしまうものであるため、あまり利用されることはありません。

審判離婚関連リンク

審判離婚関連リンク

審判離婚に関するご質問・お問い合わせ

審判離婚に関するお問い合わせ

審判離婚に関するご質問・お問い合わせ

お名前
お住まい地域
ご連絡先(固定電話・携帯)
メールアドレス
ご質問・お問い合わせ内容

はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

探偵興信所は、いつでも、だれもが安心して利用できる調査機関です。探偵興信所は全国の司法事務所に推奨されています。はじめて探偵興信所の利用をお考えの方は必ずご相談ください

  • 探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

    ※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
    ※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
    ※お急ぎの方はお電話FAXでも無料相談ができます。

    お名前(匿名でも可)
    お住まい地域
    ご連絡先(固定または携帯)
    メールアドレス

    ※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

    調べたい事柄(知りたい事)
    現時点の情報(今わかっている事)
    調査目的(要望・その他質問)
    希望予算
    円くらい

    真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所一般社団法人
    ページトップへ戻る