無自覚不倫で慰謝料請求されないために|交際相手の身辺調査

 
知らない間に自分が不倫していた。そんなことがあるわけがないと思っているあなた、油断はできません。先日芸能人の不倫自白が世間を騒がせました。彼は独身だと思っていたのに、実は嫁がいた。結婚して子供がいたなど、知らない間に不倫していたという無自覚不倫の危険性があります。もし少しでも交際している彼に不審感を感じたなら、自分が不利になる前に真実を確かめる必要があります。
 
 

探偵興信所の専門家が教える解決方法  
 

交際していた彼が既婚者だった|浮気問題

相談事例|知らずに交際していた既婚者の彼

知らなかった彼の結婚|群馬県 40代 女性からの相談

交際している彼が既婚者だった|無自覚不倫の危険性  
 
仕事で関わった弁護士の彼と交際がスタートしました。私は医者をしており、彼も弁護士という仕事柄、お互いに忙しい中で大人の付き合いをしていました。時間の合う時に食事をしてホテルへ行くという流れだったのですが、ある日彼の知らなかった事実が発覚してしまったんです。実は彼は既婚者であり、子供もいたのです。交際がスタートしたとき、彼からアプロ―チをかけてきてくれたので、私はてっきり真剣交際だと勘違いして体を許してしまいました。まさか結婚しているなんて思わないじゃないですか。だからわざわざ結婚歴や結婚しているの?なんて聞くこともしませんでした。しかし、彼のスマホがちらりと見えたとき、待ち受けに写っていたのは恐らく妻と子供でした。なんてことをしてしまったんだと、一人でパニックになりましたが、彼に確認すると素直に認めてくれました。しかし、彼はこのまま交際を続けたいというのです。正直かなり動揺しました。彼には既に気持ちが入りこんでしまい、私自身、自分から突き放すことができません。彼が言うには夫婦仲は良くないと言っています。ですが、日に日に不安が大きくなってきます。彼との関係を清算するためにも事実を知りたいです。

 

調査例

不倫関係になってしまった彼の夫婦仲
 交際している彼の妻、夫婦間の様子等
 彼の行動調査後、休日の夫婦の様子を調査
 平日に自宅マンションに帰宅することがなく、別に借りているであろうマンションに帰宅、依頼人とは別の女性をマンションに連れ込んでいる様子を確認
 調査結果を確認後、彼と話をつけて清算できた

無自覚不倫の問題|専門家の見解

無自覚不倫とは

交際している彼が既婚者だった、結婚していることを隠していた、というケースは実は少なくありません。探偵興信所一般社団法人へご相談、ご依頼に来られた方の中でも、交際している彼との結婚を考えているのに、彼の気持ちが分からない、と調査を行ったところ、実は結婚してい子供がいたというケースもあります。誰もにでもあり得ることですが、皆さんは異性と交際する際に、既婚者かどうかを確認しますか?最近では、バツイチやバツニも珍しくはないため、離婚歴を確認する方はいるかもしれません。しかし、今現状結婚しているかどうかを確認する方はほとんどいないに等しいのではないでしょうか?そもそも、自分からのアプローチであれば理解はできますが、相手からのアプローチだった場合、結婚していないもの、と思いますよね。もし仮に結婚している事実が発覚したとしても、おそらく相手は「言わなかっただけ」「聞かれなかったから答えなかっただけ」と言ってくるでしょう。知らない間に自分が不倫していたなんてとショックを受けます。そして、既婚者ということを知らなかった、聞いていなかったとしても、もう既に関係を持っていた場合、あなたは不倫をしてしまったことになり、不貞行為を行ってしまっている可能性があるのです。もし相手の配偶者に気が付かれてしまった場合、あなたが慰謝料請求をされることもあるのです。「無自覚不倫」は誰にでも起き得ることです。そうならないためにも、相手のことを充分に知っておく必要があります。

 

相手が既婚者かどうかをまずは確認しましょう

  • 直接本人に現在結婚しているかを確認する
  • 過去の結婚歴を確認する、子供の有無等も
  • 連絡がとれない時間帯がある場合には、既婚者の可能性もあります
  • 持ち物、身だしなみが独身男性っぽくない、女性が選んだ、女性が支度している感じがある
  • 自宅に連れて行ってくれない、生活感がなさすぎる自宅の場合、別で家がある可能性があります
  • 自分との結婚、将来について、話をしようとしない、話をそらす

 

無自覚不倫問題を放置する危険性|専門家の見解

知っていても、知らなくても不倫は不倫

彼が既婚者だということを知っていても、知らなくても、事実は不倫関係になってしまいます。私は聞いていなかった、知らなかったでは済まされないということです。逆の立場になればきっと理解ができるはずでしょう。もし仮にあなたの夫が、別の女性と交際をしていた場合、あなたはどうしますか?不倫相手が、結婚していることを知らなかった、聞いていなかったと主張をしても、そんなの信じられませんよね。そうなってしまえば、立場が弱くなってしまうのは、知らなかったとはいえ、実際に不貞行為を行った浮気相手本人になってしまうのです。結婚という契約を結んでいる以上、何も言えないというのが現状なのです。かといって、交際している彼が「既婚者でした、そうですか、さようなら」とは簡単に言えません。誰にでも情があります。交際期間が長い、共に過ごした時間の濃さによっては、簡単に別れられない状況になっていることもあります。自分で清算することが難しい場合は、専門家に頼ることも一つの方法なのです。

 
 

専門家の解決方法とは?

専門家と共に解決を行うメリット

今回の件を解決する方法は、まず真実を知ることです。彼の本心を知りたいと思いませんか?もし仮に既婚者ということを分かっていても、簡単に彼と別れることができない場合、あなたが気持ちの整理をつけないことには恐らく解決することが難しいでしょう。彼になだめられ、ずるずると交際をしていくことにもなり兼ねません。そうなってしまうと、彼の妻に不倫関係がバレるのは時間の問題です。彼が嘘をついていた、彼のせいだと言い張っても、最終的に不利になってしまうのは不倫相手になってしまうのです。自分で気持ちをつけるために、自己調査を行ってももちろん構いません。しかし、自己調査は自分の見解でしか見れなくなってしまうのです。彼に未練があった場合、自分の都合のいいように解釈をしてしまいます。これでは調査の意味がなくなってしまうだけではなく、自己調査によってストーカーや犯罪行為に発展してしまう危険性もあります。専門家の調査を依頼することで、物事を客観的に捉え、判断をすることができるのです。

 

不倫調査の調査目的例

  • 不倫関係にある彼の本当の気持を知りたい
  • 彼の夫婦仲を確認して気持ちを整理するために、彼の妻と家族について知りたい
  • 彼が妻と別れる気があるのかどうかを確認したい
  • 彼との関係を清算するために、事実を知りたい
  • 自分の気持ちにケリをつけるために、彼と話をして清算したい

 

専門家への相談窓口

今すぐ相談したい方は

交際している彼が既婚者かもしれない、既婚者だということが発覚したが、自分で清算することができない。そんな時は、調査経験豊富な私たちにご相談ください。同じように苦しんだ方達が多くいます。一人で思い悩む必要はありません。ご相談、ご依頼をしてくださった方達の中でも、自分の気持ちにケリをつけるために調査依頼をした方が多くいらっしゃいます。放置していても、解決しないこともあります。あなたが不利になることにもなりかねません。大切な時間を無駄にする前に、ケリをつけて前に進みましょう。時間がなかなかとれない、仕事で相談にいけないという方にもご利用していただけるように、24時間ご相談、面談の対応をしています。面談には事前予約が必要ですので、無料相談窓口よりお問合せください。相談内容は秘密厳守ですのでご安心ください。また、調査についてのご質問、ご不明点についてもお受けしています。
 

 
 

この記事は私が書きました  
 
 

電話で相談

 

メールで相談

 

※相談事例は当探偵興信所へ依頼をされた依頼人の事実に基づき内容を一部変更して掲載しています。

 

はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

探偵興信所は、いつでも、だれもが安心して利用できる調査機関です。探偵興信所は全国の司法事務所に推奨されています。はじめて探偵興信所の利用をお考えの方は必ずご相談ください

  • 探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

    ※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
    ※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
    ※お急ぎの方はお電話FAXでも無料相談ができます。

    お名前(匿名でも可)
    お住まい地域
    ご連絡先(固定または携帯)
    メールアドレス

    ※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

    調べたい事柄(知りたい事)
    現時点の情報(今わかっている事)
    調査目的(要望・その他質問)
    希望予算
    円くらい

    関連記事
    真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所一般社団法人
    ページトップへ戻る