ストーカー調査のご案内 - 福島

 

 
※この動画に音声はありません。
 
ストーカー被害は増え続けている傾向にあり、その手口も多岐に渡り陰湿なものも増えています。精神的被害によって通常の生活に支障がでる事案も少なくないため、ストーカー被害は出来るだけ早く解決することが重要です。
 

ストーカー調査のご案内 - 福島

ストーカー調査の概要

ストーカー調査とは

ストーカー調査とは、つきまとい行為や無理な強要、監視行為などの被害を受けているときに、その証拠収集・相手人物の特定、その他関連情報の収集を行う調査です。ストーカー行為には様々な手口があるため、事案に沿った調査方法で証拠収集や人物特定等を行い、解決に向けた対策とることが一般的です。

 

ストーカー調査の目的

ストーカー調査の目的は、行為を止めさせる、被害に対する賠償を求める、刑事事件として立件するなどの目的があります。ストーカー行為の度合いや被害の状況、相手人物との関係などによって、解決方法が異なるため警察や専門家に解決を委ねることが重要です。
 

依頼目的
  1. ストーカー行為を止めさせる
  2. ストーカー行為によって受けた被害に対し民事解決(賠償請求等)を行う
  3. ストーカー行為が刑法に違反している場合は、刑事事件として解決する

 

ストーカー行為の種類

 

ストーカー規制法における、つきまとい行為の例
  1. つきまとい・待ち伏せ・見張り・押しかけ・うろつき
    例)通勤・通学中など行く先々で待ち伏せされる、自宅付近をうろつかれる等
  2. 面会・交際等、義務のないことを行うことの要求
    例)拒否しているにもかかわらず、面会や交際を、復縁を求めてくる等
  3. 無言電話・連続した電話・FAX・メール・SNSのメッセージ等
    例)拒否しているにもかかわらず、携帯電話や自宅、会社に何度も電話をかけてくる等
  4. 名誉を害する事項を伝える行為
    例)名誉を傷つけるような文章などをネット上に掲載される等
  5. 監視していると伝える行為
    例)帰宅直後に「お帰り」などと電話やメールをしてくる等
  6. 著しく粗野または乱暴な言動
    例)大声で「バカヤロー」などの粗野な言葉を浴びせられる等
  7. 汚物等の送付
    例)汚物や動物の死体など、不快感・嫌悪感与えるものを自宅や職場に送りつけられる等
  8. 性的羞恥心を侵害する事項を伝える行為
    例)わいせつな写真などを送りつけられたり、ネット上に掲載される等

 

アンケートストーカー(ストーカー行為の頻度は?)  

ストーカー被害の相談者アンケートでは、ストーカー行為の頻度として多いのが「毎日のように」です。日々生活をする中で、毎日のようにストーカー行為を受けている状況では、精神的ダメージは溜まる一方です。また行為がエスカレートしてしまったら身に危険が及ぶことも考えられますので、早めの対処が必要です。

 

ストーカー事案をめぐる情勢

ストーカー事案の状況は、警察の調べによると平成12年の認知数が5千件以下であったのに比べ平成28年時点では認知件数が2万2千件を超えている状況です。毎年のように増え続けているストーカー事案、最初はつきまとい行為などであっても突然、障害や殺人など大きな被害を生むこともあります。また矛先は当事者以外にも家族や友人などにも向けられ危害を加えられる恐れがある場合もありますので注意が必要です。
 

アンケートストーカー(被害者年齢)
警視庁のアンケートデータでは、ストーカー被害に遭っている方は20代が一番多い状況です。出会いの機会も多い20代は、リスクも考えたうえで人付き合いをする必要があるのかも知れません。また、少しでもストーカー行為を受けていると感じたときは周囲に相談することが必要です。

 
 

アンケートストーカー(被害者と加害者の関係)
ストーカー行為を受けている被害者とストーカー行為をしている加害者の関係で一番多いのが、交際相手です。交際中の恋愛の縺れやトラブルによって相手がストーカーになってしまうという事例は、とても多いと言えるでしょう。交際相手だから大丈夫と考えずにストーカー行為を感じたら、早めに対処対策を考える必要があります。

 

ストーカーに関連する法律違反の例

  • 暴行:例)元交際相手から逃げようとしたところ、腕を強く引っ張られた
  • 障害:例)元交際相手に殴られてあざができた
  • 脅迫:例)元交際相手から「復縁しなければあとでどうなるか、わかるだろうな」と言われた
  • 強要:例)元交際相手から「会わなければ恥ずかしい写真をばらまくと」と脅され会うことを強要された
  • 器物破損:例)元交際相手に車を壊された
  • 住居侵入:例)元交際相手が勝手に家の中に入ってきた
  • 窃盗:例)郵便ポストから自分あての郵便物を盗まれた

 

ストーカー調査の方法

ストーカー調査は、ストーカー行為を受けている実態を確認したうえで、事実証拠を収集します。具体的にはストーカー行為の加害者だと思われる人物の行動を把握し実際にストーカー行為に及んでいる状況を証拠として記録していく方法です。また相手が分からないという場合は、相手の特定や身辺情報の収集等も行います。

 

福島県
はじめての依頼
【探偵興信所ガイド】はじめての探偵興信所選び。福島県内で探偵事務所や興信所に、はじめて調査依頼をお考えの方は、良い探偵興信所を選ぶために、当相談室をご利用ください。依頼知識を予め知る事で安心して利用することができます。福島県のはじめての探偵興信所選び

ストーカー調査の事例

ストーカー調査の相談事例

ストーカー行為の手口にはさまざまなものがあり、中には法律に抵触している事案も多いため、身に危険を感じたり、行為が続いている場合は必ず周囲に相談してください。
 

元交際相手・元配偶者のストーカー行為
  • 交際相手に別れを告げたら、別れてもらえず1年以上つきまとわれている
  • 元交際相手が、私の自宅に勝手に出入りして帰りを待っている
  • 元交際相手から執拗にLINEやメールが届き、無視してもずっと送り続けてくる
  • 元交際相手が交際中に撮った写真をばらまくと脅し、会うことを強要されている
  • 元配偶者が自宅の前や勤務先付近で待ち伏せしたり、監視したりしている
  • 元配偶者が私の実家や親せきの家に行ったり、友人の家に行って私の居場所を捜している

 

知人・友人・同僚等のストーカー行為
  • 会社の同僚が私の行く先々に現れ、自宅付近でも偶然のように現れ、声をかけられたりする
  • 身体の関係を持った上司から執拗に連絡が来て、断ったら関係をばらすと脅されている
  • 仕事で出会った知人が、どこかで自分の連絡先を調べ毎日のように連絡をしてくるので、止めてほしいと言ったら自宅への嫌がらせ行為が始まった
  • 友人に交際を申し込まれ、遠回しに断ったら私の誹謗中傷をネットで書き始めた

 

知らない人からのストーカー行為
  • Twitterを通じて連絡をしてきた人から、ブログやSNSのアカウントにも毎日連絡をしてきている。断りを入れても止めてくれない
  • 自宅付近に毎日のように同じ車が停まっていて、自分が帰宅して部屋に入ると何処かへ居なくなる
  • 通勤中の電車で話しかけてきた人が、毎日のように勤務先まで着いて来たり、退勤後に職場近くで待ち伏せしている
  • ネット上で知り合った人が、何故か私の住所を知っていて突然自宅や職場に押しかけてきた

 

アンケートストーカー(どの様な行為を受けていますか?)
ストーカー行為には様々なものがあります。いずれも被害者にとっては苦痛である行為であることに違いありませんが、被害に遭っていると感じたときは、相手にしっかりと意思を伝えそのうえで専門家等に相談し適切な対応を取ることが必要です。

 

福島県
料金見積り窓口
いざ探偵に依頼しようとした時、一番気になるのは依頼費用ではありませんか?高いから質が良い、安いから仕事が雑、そう判断するのは賢明ではありません。大切なのは適正な料金で依頼すること。私たち福島探偵興信所では、あなたに合う興信所を紹介する際に無料で見積りをさせて頂きます。また他社で「見積りを出してもらったけど高すぎない?」といったときも適正価格かどうか私たちが判断いたします。依頼費用が原因で問題解決が後回しになるなんてこんな悲しいことはありません。少しでも料金費用面に不安がある方は、ぜひ私たち福島県探偵興信所一般社団法人にご相談ください。料金見積り依頼窓口(全国対応)

ストーカー調査の料金

ストーカー調査料金の取り決め法

ストーカー調査料金は、調査期間や調査の難易度、証拠の種類などによって料金が決定されます。またストーカー行為の種類(手口等)によっても証拠収集方法が異なるため料金に影響が出ます。実際の依頼料金を知るためには、依頼前に見積りを作成してもらい調査方法などと照らし合わせながら、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。

 

ストーカー調査料金取り決め法  

ストーカー調査の料金相場

ストーカー調査料金の相場は、内容によっても異なりますが概ね5万円〜50万円程度とお考え下さい。ストーカー行為が明確である場合と予備軍と呼ばれるこれからストーカー行為に発展しそうな事案では収集する情報の種類なども変わるため事前に確認が必要です。

 

過去のストーカー調査料金

事例1
ストーカー調査(つきまとい行為)
相手人物の行動調査・証拠収集調査
調査期間:7日間
調査料金:15万円

 

事例2
ストーカー調査(ネット上のストーカー行為)
相手人物の特定・関連情報の収集
調査期間:30日間
調査料金:30万円

 

事例3
ストーカー調査(リベンジポルノ被害)
ネット上の拡散状況確認・相手の身辺情報収集
調査期間:20日間
調査費用:25万円

 

アンケートストーカー(ストーカー調査にかかった費用は?)
ストーカー調査(情報収集・証拠収集)にかける予算として多いのが、10万円〜30万円程度です。ストーカー調査では、主に被害証拠、相手の情報が多く特に相手が面識の無い人物である場合などは、必ずと言っていいほど調査が必要になります。また交際相手や知人であっても相手の所在や身辺情報を調査しておくことはとても大切なことだといえます。

 

福島県内の
調査対応地域
福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、本宮市 伊達市、矢祭町、塙町、楢葉町、富岡町、鏡石町、下郷町、国見町、柳津町、三島町、金山町、浅川町、古殿町、小野町、広野町、三春町、石川町、大熊町、双葉町、浪江町、新地町、只見町、南会津町、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津美里町、矢吹町、棚倉町、川俣町、桑折町、葛尾村、会津坂下町、飯舘村、玉川村、平田村、西郷村、泉崎村、湯川村、昭和村中島村、鮫川村、川内村、北塩原村、天栄村、大玉村、檜枝岐村 探偵興信所福島県の調査地域

ストーカー調査の依頼方法

事前情報・被害状況の確認と準備

ストーカー行為を受けている可能性があるときは、相手からされたことや言われたことなどを記録しておきましょう。自宅に押しかけてきた、暴行をうけた、電話がかかってきたなど日時や場所、内容などを記録しておくことで後の対処法に役立てることができます。また相手の行為を撮影したり録音することも記録の1つの方法です。また暴行などを受けた場合は、病院で診察を受け診断書をもらうことも大切です。自分での対処が難しい場合は専門家にご相談下さい。

 

専門家への相談

自分はストーカー被害にあっているかもしれないと、少しでも感じることがあれば、間違っていても良いので、まずは専門家へご相談ください。ストーカー問題は、自分で解決しようと相手と向き合うことで逆に悪化することもあります。相手を煽ってしまう結果になってストーカー行為がエスカレートしてしまうようなことにならないためにも、必ず専門家の対処法に従っていただくことをお勧めします。

 

調査依頼委任契約

ストーカー行為の手口には様々なものがあり、対処法も異なります。専門家相談の祭は、今自分が受けている被害内容を詳しく説明し、対策調査を依頼する目的や期間について充分に打ち合わせを行う必要があります。専門家との相談の上、ストーカー調査を依頼することに決めた場合は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書等)に必要書類に記載の上、お申し込みとなります。トラブルのない良いストーカー調査調査依頼をするためにも、充分な打ち合わせの元、依頼申し込みを行う必要があります。

 

アンケートストーカー(問題は解決しましたか?)
ストーカー調査の依頼をされる方の多くは、自分では対処できない場合です。相手が話に応じてくれない、相手に断りを伝えているのに無視される、その他脅し行為や強要などと言った場合に、専門家を通じ解決をするために調査を依頼するのです。証拠や相手の情報を収集することで解決をすることは後になって同じことにならないためにも必要な事だといえます。

 

ストーカー被害に遭いそうになったら

自分の意思をしっかりと

元交際相手や関係を持った人物に対し、自分ではもう会わない、連絡をしないと決めたら相手に誘われても会ったり連絡を取ることは避けましょう。相手にはあなたの気持ちをはっきりと伝えることが大切です。曖昧な態度を取ってしまうとストーカー行為に発展する可能性があります。また被害を受けそうなときは、人に知られたくない・恥ずかしいという気持ちがあるかもしれませんが、怖い・不安を感じたときは、周囲に相談・協力を求めましょう。ひとりで問題を抱え込んでいても解決には至りません。放置していると後で取り返しのつかない問題が生じることもありますので、はやめに助けを求めることが大切です。

 

ストーカー被害の対策

探偵興信所(社)のストーカー対策調査

探偵興信所(社)では、ストーカー被害に対する対処法や対策方法、調査による証拠・情報収集をご提供しております。ストーカー被害に苦しむ方々を、ひとりでも多く解決に導くために経験豊富な専門家が解決までサポートしております。今現在、ストーカー行為による被害でお悩みの方はまず相談窓口にて専門家に状況をお聞かせください。あなたに合う解決方法をご案内します。

 

嫌がらせ調査のよくある質問

まだストーカーと呼べるか分からないのですが?
ストーカー行為は、軽く見ていると後で取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。早い段階で対策を取ることはとても大事なことですので、周囲に相談したり専門家に相談しておく必要はあります。また相手の情報収集をしておくことで、何かが起きたときにすぐに対処ができます。
警察に相談しても対応してもらえなかったのですが
ストーカー被害は、警察署に相談してもすぐに扱ってくれる事案とそうでない事案があります。警察署で対応してもらえなかった事案でも、諦めずにご相談ください。きっと解決方法が見つかるはずです。
対策依頼の料金が心配です
ストーカー調査・対策に関する料金は、被害の状況によって異なりますが、数多くの事例から、自分に合った調査プランをお選びいただけるほか、低料金で依頼ができるオリジナルプランを作成することも出来ますので、一度ご相談にお越しください。ご相談・見積りは無料になっております。またストーカー被害は、調査依頼をしなくても相談にお越しいただくだけで解決している事案も数多くあります。

 

嫌がらせ調査の相談

探偵興信所(社)では、多くのストーカー被害のご相談をお受けします。被害内容は相談者によってさまざまですが、中には卑劣なものや手の込んだ事例も多く見受けられます。また、被害は小さくても、大きな精神的ダメージを受けてしまいことも少なくありません。ストーカー被害には、必ず対処が必要です。被害を受けたらできるだけ早期にご相談ください。解決に向け全面的に協力いたします。

 

電話で被害対策相談

 

メールで被害対策相談

 

公的機関の相談窓口

最寄りの警察署

被害の申告・援助の申出等
(緊急時)110番通報
(その他)警察相談専用電話#9110

 

 

福島県内の公共機関・弁護士会のご案内

福島県内の公共機関・弁護士会のご案内

福島県警察署
福島/福島北/伊達/二本松/郡山/郡山北/田村/須賀川/石川/白河/棚倉/相馬/南相馬/双葉/いわき中央/いわき東/いわき南/喜多方/猪苗代/会津坂下/南会津
福島県裁判所
福島地方裁判所/福島地方裁判所相馬支部/福島地方裁判所郡山支部/福島地方裁判所白河支部/福島地方裁判所会津若松支部/福島地方裁判所いわき支部/福島簡易裁判所/郡山簡易裁判所/白河簡易裁判所/棚倉簡易裁判所/会津若松簡易裁判所/田島簡易裁判所/いわき簡易裁判所/福島富岡簡易裁判所/相馬簡易裁判所/福島家庭裁判所/福島家庭裁判所相馬支部/福島家庭裁判所郡山支部/福島家庭裁判所白河支部/福島家庭裁判所会津若松支部/福島家庭裁判所いわき支部/福島家庭裁判所棚倉出張所/福島家庭裁判所田島出張所
福島県弁護士会
福島県弁護士会/福島地区/郡山地区/白河地区/会津若松地区/いわき地区/相馬地区
はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

福島県の探偵興信所依頼は、はじめてでも安心の探偵興信所(社)へ必ずご相談ください。多くの弁護士が推奨する適正料金で、ご依頼をお受けします。

探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
※お急ぎの方はお電話FAXも可能です

お名前(偽名でも可)
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい

真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所社団法人
ページトップへ戻る