元嫁が再婚しているか知りたい - 茨城

 

元嫁の再婚状況を確認するための調査について  
 
離婚した元奥さんの現在の様子が気になる方は多くはないものの、慰謝料や養育費の関係で現在の様子を知る必要がある場合があります。その際に有効な探偵の調査についてご案内します。
 
 
 

【この記事は下記の方に向けた内容です】
 

  • 元奥さんの現在の様子を知りたい
  • 元嫁の交際相手を知りたい
  • 離婚した元嫁の生活状況を知る必要がある
  • 離婚した元嫁の異性関係を知る必要がある
  • 元妻の再婚後に相手と養子縁組をしている可能性がある

 
 

離婚した元奥さんの現状を知る - 茨城

元嫁の現状を知る必要のあるケースとは?

元嫁の現状確認を行う目的の相談事例

離婚した元嫁の現状確認を行う必要があるケースにはさまざまな場合があります。事例としては以下のような点です。
 
 

  • 再婚したかどうか気になる。子供の養育費について話し合いたい
  • 元嫁と復縁をしようとしていたが、突如いなくなった
  • 何年も子供と会っていないため、現況を知りたい
  • 音信不通の元嫁に、家族が亡くなったことを伝えたい
  • 慰謝料も払わずに引っ越したため、引越し先を知りたい
  • 元嫁は持病を抱えており身寄りもいなかったので、心配
  • 元嫁と共有で住宅を購入した家を事情が変わって任意売却したい

 
 

養育費のために確認する必要があるケース

子供がいたため毎月養育費を支払っているので元妻が再婚したのかどうか知りたいと思う男性も多いことでしょう。ただし、元妻が再婚したからといって養育費が終了すると思っている方も少なくありませんが、実はその認識は間違っています。子供が再婚した夫と養子縁組をしない限り、実夫である元夫の扶養義務は続いていくことになります。再婚相手とは、血の繋がりもない単なる母の再婚相手にしか過ぎず婚族同士です。婚族間では、扶養義務がありません。(民法877条)

 
 

養育費が減額する場合

子供が、再婚相手と養子縁組した場合は、再婚相手と血族関係となるため扶養義務が発生していくことになります。(民法727条)したがって、あなたよりも養親の収入が格段に高い場合、養育費が減額または、なくなる可能性はありますが、ケースバイケースなので注意が必要です。※このような法律を知った上で、元妻が経済的余裕のある男性と再婚したにも関わらず、あえて子供を養子縁組しないで元夫にも報告しない夫婦も存在します。
 
 

 
 

茨城県
調査依頼の流れと手順
これから探偵興信所に依頼をお考えの方は、依頼の流れをよく理解しておきましょう。特にはじめて依頼をするときは、依頼の流れを事前に知っておくことで、安心して探偵興信所へ出向き、スムーズに依頼ができます。茨城県探偵興信所依頼の流れについて

自分で調べる方法

元嫁の居場所を知りたい

ご自身で元奥さんの居場所を知るために行えることはいくつかありますが、ご自身や相手の状況によっては禁止されていることもあります。例としてはDVによって離婚した場合に接近禁止令等が出されている場合など。まずはご自身の状況を確認しましょう。

 
 

戸籍の附票を取得する

元配偶者も除籍者として戸籍の附票の取得ができます。ただし、元夫、元嫁が本籍地を変えて(転籍して)いれば、現住所の特定は不可能という点に注意が必要です。
子供がいる場合は、転籍していても戸籍の附票の請求が認められるので、子供がいる場合は後追いが可能です。

 
 

住民票を取得する

住民票は、原則的に同一世帯の者しか取得ができないため、元配偶者の取得はできません。例外的に、可能となるケースもあるため役所に問い合わせるのが良いでしょう。元配偶者が転居届を出していなければ現住所には辿り着けません。また、知られるのが嫌で住民票にロックをかける人もいます。

 
 

相手の実家や職場の人に聞く

元配偶者の実家や職場の人に聞く方法が一番手っ取り早い方法ではありますが、今は個人情報を保護する傾向から、なかなか教えてもらえないのが現状です。尋ねる人やタイミングも重要であり、逆に警戒されてしまう可能性があります。

 
 

不動産登記を調べる

不動産を所有している(持ち家、事務所)場合は、不動産登記簿の閲覧は誰でも可能です。

 
 

元の住所に手紙を出してみる

元配偶者の住所がわかるなら、そこに手紙を出せば郵便局が転居先に配達してくれることがあります。ただし、郵便局に転居届を出して1年間だけしか転送されません。相手がこちらを避けている場合は、逆効果になる場合が多く警戒されてしまいます。

 
 

茨城県内の
面談予約窓口
探偵興信所の面談無料相談を利用する際は、今お持ちの情報などを、できるだけ多くお持ちください。面談無料相談は、相談室へお越しいただくか、ご指定の場所へ相談員を派遣することが可能です。※面談による無料相談には料金はかかりません。訪問相談サービス案内茨城県

自分で調べたが、無理だった場合

探偵に調査を依頼する

自分で調べたが無理だった、また判明しなかった場合は探偵に依頼することが一番効率的でメリットが大きいです。個人で調べるには限界があり、元嫁が依頼者を避けている場合や既に再婚していて新たな男性の戸籍に入っているケースも多く、住所の特定は大変困難になると言えるでしょう。下手したらストーカー法に抵触してしまう恐れがでてきます。費用はかかってしまいますが、探偵は違法なことは行わず合法的に調査を行います。また、重要な個人情報などを扱う場面においても秘密厳守であるため、相手に知られることなく調査が可能です。ただし、探偵は慎重に調査をおこなうため、身分証明や相手との関係を証明する書類を求める場合がありますのでご了承ください。

 
 

茨城県内の
調査対応地域
水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、つくばみらい市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、鉾田市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、行方市、坂東市、小美玉市、取手市、北茨城市、守谷市、神栖市、茨城町、大洗町、城里町、利根町、大子町、美浦村、阿見町、河内町、八千代町、五霞町、境町、東海村 探偵興信所茨城県の調査地域

調査のご案内

探偵で行える調査とは

探偵興信所の調査で元嫁に関する情報を収集する際に有効な調査内容は以下のような調査です。

 
 

元奥さんに関する情報収集の調査

身辺調査 異性関係・生活状況の状況確認
所在調査 現在お住まいの自宅や勤務先の住所確認
生活状況調査 元奥さんの現在の生活状況

 
 

探偵や調査会社に相談、依頼

まとめ

日々、仕事で忙しい中においても24時間体制で対応をしているため、少しでも空いた時間帯でもメールや電話にてまずは無料相談ください。注意すべき点としてご自身が法に触れてしまう可能性もあるため、元奥さんの現状を知る必要がある場合にはいち早く対処するためにも、是非とも早急にご連絡ください。

 
 

元嫁が再婚しているか知りたい|専門家が教える問題解決方法は探偵興信所専門家が書きました  
 
 

電話で相談

 

メールで相談

 

※相談事例は当探偵興信所へ依頼をされた依頼人の事実に基づき内容を一部変更して掲載しています。

 

茨城県内の公共機関・弁護士会のご案内

茨城県内の公共機関・弁護士会のご案内

茨城県警察署
牛久/石岡/行方/稲敷/水戸/牛久/水戸/石岡/笠間/鹿嶋/土浦/鹿嶋/竜ケ崎/高萩/古河/境/境/桜川/下妻/常総/笠間/大子/高萩/筑西/つくば中央/つくば北/常総/土浦/ひたちなか西/取手/取手/那珂/行方/境/日立/太田/大宮/ひたちなか東/ひたちなか西/鉾田/水戸/稲敷/取手/下妻/結城/竜ケ崎
茨城県裁判所
水戸地方裁判所/水戸地方裁判所日立支部/水戸地方裁判所土浦支部/水戸地方裁判所龍ケ崎支部/水戸地方裁判所麻生支部/水戸地方裁判所下妻支部/水戸簡裁判所/笠間簡易裁判所/日立簡易裁判所/常陸太田簡易裁判所/土浦簡易裁判所/石岡簡易裁判所/竜ケ崎簡易裁判所/麻生簡易裁判所/下妻簡易裁判所/下館簡易裁判所/吉河簡易裁判所/水戸家庭裁判所/水戸家庭裁判所日立支部/水戸家庭裁判所土浦支部/水戸家庭裁判所龍ケ崎支部/水戸家庭裁判所麻生支部/水戸家庭裁判所下妻支部
茨城県弁護士会
茨城県弁護士会/土浦支部/下妻支部/水戸相談センター/土浦相談センター/下妻相談センター/鹿嶋相談センター/日立相談センター/龍ヶ崎相談センター/守谷相談センター
はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

探偵興信所(社)茨城は、はじめての探偵興信所利用でも安心の無料サポートで納得の依頼が可能です。多くの弁護士事務所も利用する優良探偵興信所グループの茨城窓口です。

探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
※お急ぎの方はお電話FAXも可能です

お名前(偽名でも可)
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい

真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所社団法人
ページトップへ戻る