盗聴器発見調査のご案内 - 静岡

 

 
※この動画に音声はありません。
 
「盗聴」と聞くと映画や小説だけの話で、自分には関係ないと思われている方も多いかと思いますが実際には、一般家庭から盗聴器が発見される事例はとても多く、その他にもホテル、職場、トイレ、車内など様々な場所で発見されています。日本は今や盗聴天国といわれ、一般ルートだけでも年間40万個以上の盗聴機器類が販売されており、以前は、一部の電気屋でのみ販売されていた盗聴機器もインターネットで手軽に買えるため、それに伴い盗聴犯罪が年々増加傾向にあります。
 

盗聴発見調査のご案内 - 静岡

盗聴発見調査概要

盗聴発見調査とは

盗聴発見調査とは、盗聴器が設置されている恐れがある場所(室内外)にて盗聴専用の周波数を通じ機器類が設置されているか確認する調査です。また、設置されていた場合は速やかに取り外し作業を行い、取り付けた人物を特定することもあります。現在、盗聴器には様々な種類(無線式・有線式・デジタル式)があり、設置方法や音声取得法も多岐に渡るため、発見調査は盗聴方法に応じた手法にて行われています。

 

盗聴発見調査の目的

盗聴発見調査の目的は、盗聴機器類の設置有無を確認し、取り外し、仕掛けた人物を特定することです。また盗聴器は物によって遠隔操作ができるものもある為、その場合は、その手法等を解明することを目的とする事例もあります。

 

アンケート盗聴(盗聴に関する知識はありますか?)  

盗聴器の種類と盗聴方法

盗聴の方法にはいくつかの種類があり、誰でも簡単に盗聴することが出来てしまうものもあります。代表的な盗聴方法(盗聴器の種類)には下記のようなものがあります。
 

盗聴器(発信機)による盗聴
一般的に盗聴というと、市販されているようなアナログ方式の盗聴器を使った物です。盗聴器は、ラジオ部品を売っている専門店などから購入することができ、盗聴器を相手の部屋に設置した後に受信機で同周波数に合わせることで盗聴することができます。分かりやすく言うとラジオの原理です。仕掛けた発信機と聞く側の受信機はある程度の距離でないと受信することが出来ないため、盗聴されているとすれば近くに相手がいるという事になります。

 

携帯電話等のデジタル盗聴
現代の携帯電話は、デジタル波を使用しているためラジオ等の周波数とは異なります。携帯電話を相手の家に置いて、自分でその電話と通話することで相手の室内の音声が聞こえるようになるといった方法です。携帯電話を改造して相手の部屋に仕掛け、オート着信に設定すれば、これはもう携帯電話ではなく、立派な盗聴器になるのです。

 

ボイスレコーダーによる盗聴
ボイスレコーダーは、新聞記者等が取材に使うイメージですが、これも盗聴器となり得る機器だといえます。方法は携帯電話同様、相手の自宅に仕掛け会話などを録音し、後に回収するといった方法です。リアルタイムによる盗聴ではありませんが、情報が洩れることに違いはありません。

 

盗聴器(有線式)による盗聴
有線式の盗聴は、自宅に設置している固定電話の配線を断線しコネクターを介入させ音声を横流しする方法です。設置作業からすると本格的な盗聴となりますが、現代では固定電話を使う人が少ないこともあり、盗聴する側もこの手法を使うことが少なくなりつつあります。

 

ハッキングによる盗聴
盗聴の手口として増え始めているのが、他人のパソコンに不正にアクセスして乗っ取り、パソコン内で盗聴行為を行う方法です。パソコンが乗っ取られた場合、盗聴はおろか、パソコン内の情報などもすべて漏洩してしまうので、被害は大きくなる可能性が高いといえます。

 
その他にも、コンクリートマイク・偽装型盗聴器など様々な方法で盗聴することが出来ます。盗聴被害の可能性があるときは、あらゆる面で盗聴の疑いを持つことが必要ですが、自分に盗聴の知識が無い場合は専門家に解決を委ねることをお勧めします。
 

盗聴と法律

盗聴行為は犯罪であると思われている方は多いと思いますが、盗聴行為には犯罪となるものとならないものが存在します。盗聴器は市販されているくらいですから、販売や購入は犯罪にはなりません。また、自分の部屋や持ち物に設置することも犯罪とは呼べないのです。配偶者の浮気を見極めるためや、子供の素行を確認するために自宅に設置しても犯罪にはならないという事になります。盗聴行為で犯罪となるのは、自分以外の人物の自宅などに盗聴器を設置するために勝手に部屋に入る行為です。これは住居不法侵入という立派な犯罪です。その他、盗聴した内容を第三者に漏らす行為でも電波法に抵触する可能性がありますし、盗聴した情報をもとにストーカー行為を行えばストーカー規制法に抵触することも考えられます。脅し行為なども同様です。「盗聴」は、行為そのものではなく全体的な部分で問題が生じることが多いと言えるでしょう。

 

アンケート盗聴(住宅への侵入手口)  

アンケート盗聴(住宅への侵入口)
警視庁による住宅対象侵入窃盗の発生状況によると、住居への侵入口は窓や表玄関が多く、侵入手段としては、ガラス破りや施錠破りが多いとされています。(無締りは除く)盗聴被害の多くは住居侵入を伴っていることが多いため、窃盗同様玄関や窓から侵入することが多いと推測されます。また交際相手などが鍵を使って侵入する事案は無締りの部類に入ると考えられます。

 

静岡県内の
探偵興信所紹介
探偵興信所では静岡県内の登録探偵事務所・興信所のご紹介を行っております。依頼先でお困りの方や、信頼のできる探偵興信所をお探しの方はご利用ください。静岡県内の探偵興信所のご紹介

盗聴発見調査の事例

盗聴被害相談事例

盗聴被害に関連するご相談の内容は多岐に渡り、中には他人が知るはずの無い事を知っていることで盗聴被害を疑うといった事案もあります。盗聴方法は様々なものがあるので、日頃から注意を払うと当時に定期的に自宅内を確認することも大切なことだといえます。
 

自宅での盗聴被害
  • 固定電話の子機で通話中に雑音が多く、相手の声などが聞き取れないことがある
  • 買った覚えのない延長コードやタコ足がコンセントにささっている
  • 自宅で電話で話していたことを、別の第三者が知っている
  • 元交際相手が私のスケジュールや行く先を知っているかのように現れる
  • 突然、妻から浮気をしていると指摘され、すべてを知っていると言われた

 

自宅以外の盗聴被害
  • 職場の女性更衣室で話している事が男性上司に筒抜けになっている
  • 取締役用の会議室で話している事が他社に漏れている
  • 私の部屋の中の言動がネット上で細かく載せられている
  • 車の中で電話で話していることなのに、なぜか妻が知っている

 

アンケート盗聴(盗聴されていると感じるとき)
盗聴問題でお悩みの方の中には、電話機に異変を感じる方や何となく違和感を感じる方、知るはずの無い人が自分の会話の内容を知っているなどの現象が起きているようです。普段の生活の中で異変を感じるような出来事があった時は盗聴を疑うことも必要なのかもしれません。

 

静岡県内の
調査対応地域
静岡市、浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、森町、松崎町、西伊豆町、函南町、吉田町、清水町、長泉町、小山町、川根本町 探偵興信所静岡県の調査地域

盗聴発見調査依頼事例

盗聴発見調査料金の取り決め法

盗聴発見調査料金は、調査を行う箇所数(部屋数等)や日数、盗聴手口に応じた調査方法の選択によって取り決められます。依頼時にはどのような被害状況であるか、自宅で起きている症状がどのようなものかを専門家に詳しく説明し、調査方法を選択することが重要です。

 

盗聴発見調査料金取り決め法  

盗聴発見調査料金の相場

盗聴発見調査料金は調査手法によって異なりますが概ね5万円〜30万円程度とお考え下さい。一人暮らしのワンルームマンション等では5万円程度が相場になりますが、戸建てや会社ビルなどの規模である場合は、部屋数が多いため作業も増えることになります。

 

盗聴発見調査見積り案内

 

過去の盗聴発見調査料金事例

事例1
マンションでの盗聴機器の発見調査
ワンルーム25u(1部屋+キッチン+浴室+トイレ)
調査期間:1日間
調査料金:5万円

 

事例2
戸建て住宅での盗聴機器の発見調査
3LDK(各部屋+キッチン+浴室+トイレ)
調査期間:2日間
調査料金:15万円

 

事例3
ビル1フロアでの盗聴機器の発見調査
350u(各電源供給部分+役員室+更衣室)
調査期間:7日間
調査費用:40万円

 

アンケート盗聴(盗聴発見調査にかかった費用は?)
盗聴発見調査にかける費用は、お住まいの建物の種類や部屋数、広さなどによって異なりますが、依頼される方の多くは、盗聴被害の状況に合ったプランを選択しています。被害の症状や気になる出来事などを事前に確認し、状況に適したプランを適正な料金で依頼する事が大切です。

 

静岡県内の
調査依頼の注意点
【探偵興信所ガイド】はじめての調査依頼の注意点。静岡県内で探偵事務所や興信所に、はじめて調査依頼をお考えの方は、良い調査依頼をするために、ご利用ください。探偵依頼知識を予め知る事で安心して調査依頼ができます。静岡県の調査依頼注意点

盗聴器発見調査の依頼方法

事前確認と被害状況の整理

盗聴被害に遭っていると感じたときは、自宅内でどのような現象が起きているか、自宅外で何が起きているのかなどを自分なりに整理しておくことが必要です。盗聴される原因や推測される相手などの情報があれば、事前に情報をできる限り準備しておくことで調査が円滑に進み問題解決の糸口が見出しやすくなります。例えば、普段、生活をしている中で、常に誰かに見られてるような気がしたり、自分のプライベートな情報が漏れているような気がするようなときは、焦らずに冷静に状況の変化を確認する必要があります。自宅内で電話している内容が、別の誰かが知ってるような事があった場合や、通話中の雑音がひどかったりなど普段との違いを見つける事で調査の方法を考えることができます。

 

アンケート盗聴(自分で探してみましたか?)  

専門家への被害相談

事前情報の整理ができたら、専門家に相談してみることをお勧めします。自分で市販の盗聴発見器を購入し調査することも可能ですが、盗聴手口がアナログでない場合は意味を成しません。盗聴問題はひとりで解決しようと思っても簡単ではありませんし、逆に良かれと思ってしたことが更なる被害を呼び起こす可能性もありますので、状況から判断する調査方法を選択し正確な調査をする事が重要です。盗聴器発見調査の電話相談は、できるだけ自宅内ではなく「外」からご連絡いただくことをお勧めします。最近の盗聴機器類は進化しているものも多いので、携帯電話なども盗聴されることも考えられます。自宅での盗聴発見調査はおおよそ1時間程度とお考えいただく必要があります。費用はほとんどの場合が定額となりますが、例外もあるため担当者へご確認ください。

 

嫌がらせ調査の依頼

探偵興信所の専門家との相談の上、盗聴発見調査を依頼することに決めた場合は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書等)に必要書類に記載の上、お申し込みとなります。トラブルのない良い調査依頼をするためにも、充分な打ち合わせの元、依頼申し込みを行う必要があります。

 

盗聴被害の弊害に関する対策

盗聴行為によって他の被害が生じている場合は、別の対策が必要になる事もあります。情報が外部に漏れるという事は、いつ被害起きてもおかしくない状況下に置かれるという事ですから早めの対処を講じる必要があります。

 

安心できる家にするために

探偵興信所(社)の盗聴発見調査と対策

探偵興信所(社)の盗聴発見調査は、被害状況から盗聴方法を推定し、適した調査手法で調査を行います。盗聴器が発見された場合は、取り外しを行うと同時に相手人物の特定や身辺調査を行います。盗聴問題は、放置することで情報が外部に漏れ続ける恐れがありますので、他の被害に対する対処対策もあらかじめ施すことを視野に入れた調査プランをご案内しています。

 

盗聴発見調査のよくある質問

調査は盗聴器が見つからなくても費用がかかりますか?
盗聴発見調査は、調査作業に費用が発生するため、盗聴器が見つからない(設置されていない)場合も費用はかかります。
自分で調査をしても見つからなかったのですが?
市販の盗聴器などで調査を行う方もいますが、アナログによる盗聴の周波数は複数ある為、市販の盗聴器によっては発見できないものもあります。またアナログ方式以外の盗聴方法である場合は、周波数による調査を行っても見つかることはありません。状況に応じた調査が必要になります。
盗聴している相手を訴えることは出来ますか?
事と次第によっては相手を訴えることも可能です。その場合は、盗聴されている事実の確認、盗聴による被害の証拠など必要な情報は事前に収集しておくことが必要です。また、盗聴行為をしている相手についても十分な情報が必要になりますので、専門家にご相談ください。

 

盗聴発見調査の相談

盗聴器が自宅や職場に設置されているような気配や室内で違和感を覚えることがあるときは、早めに専門家へご相談ください。はじめての事で混乱される方も少なくありませんが、早めの対処を行う事が大切です。また、相談室にご相談頂くときは室内では無く外に出て盗聴の恐れの無い場所からご連絡いただくことをお勧めします。盗聴被害は放置していると次の被害が生じることが多いため注意が必要です。

 

電話で盗聴被害相談

 

メールで盗聴被害相談

 

基本的な心がけで自分の家をより安全に

盗聴器を仕掛けられているかも知れないというときは、身の回りにも十分に注意を払う必要があります。毎日を過ごす自宅は油断が出やすい場所でもあるため、こまめな施錠・手入れを忘れずに行いましょう。玄関では2つ以上鍵が付いている場合、両方ともロックすること、チェーンなどがある場合も必ず施錠を忘れずにしましょう。窓には防犯用のフィルムや補助錠を使用し外から簡単に開けられないようにしておくことも重要です。また自宅への帰り道などにも注意が必要です。暗い夜道などはできるだけ避け、明るい場所を選びながら帰宅しましょう。何かあった時の為に防犯グッズを携帯しておくのも有効です。

 

警視庁公認のスマートフォンアプリ

様々な犯罪情報が得られ、防犯ブザーの機能も備えたアプリです。被害に遭いそうなときに効果的なのは大きな音を出すこと。緊張で声が出ないことは珍しくありません。特に女性は防犯に備える意味で使えるアプリです。(DigiPolice)

 

静岡県内の公共機関・弁護士会のご案内

静岡県内の公共機関・弁護士会のご案内

静岡県警察署
下田/大仁/三島/伊東/熱海/沼津/裾野/御殿場/富士/富士宮/清水/静岡中央/静岡南/藤枝/焼津/島田/牧之原/菊川/掛川/袋井/磐田/天竜/浜松中央/浜松東/浜北/湖西/細江
静岡県裁判所
静岡地方裁判所/静岡地方裁判所沼津支部/静岡地方裁判所富士支部/静岡地方裁判所下田支部/静岡地方裁判所浜松支部/静岡地方裁判所掛川支部/静岡簡易裁判所/清水簡易裁判所/熱海簡易裁判所/三島簡易裁判所/沼津簡易裁判所/下田簡易裁判所/富士簡易裁判所/島田簡易裁判所/掛川簡易裁判所/浜松簡易裁判所/静岡家庭裁判所/静岡家庭裁判所沼津支部/静岡家庭裁判所富士支部/静岡家庭裁判所下田支部/静岡家庭裁判所浜松支部/静岡家庭裁判所掛川支部/静岡家庭裁判所島田出張所/静岡家庭裁判所熱海出張所
静岡県弁護士会
浜松法律相談センター/浜松法律相談センター/掛川法律相談センター/下田法律相談センター
はじめての探偵利用は必ずご相談を。お問い合わせはお気軽に。全国無料相談|0120-529-333|24時間いつでも受付

探偵興信所(社)静岡支所の調査サービスは多くの弁護士・司法事務所に推奨・利用されています。納得の探偵調査依頼をお考えの方は静岡探偵興信所の無料相談窓口をご利用ください。

探偵興信所 24時間 無料相談見積もりフォーム 現在お持ちのお悩み、調査したい事柄、調査に関する希望や要望など、探偵興信所へ直接ご相談が可能です。

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心下さい
※送信後24時間以内に返答が無い場合はお問合せ下さい
※お急ぎの方はお電話FAXも可能です

お名前(偽名でも可)
お住まい地域
ご連絡先(固定または携帯)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可に設定して下さい

お調べになりたい事柄
現時点の情報
その他質問・要望
希望予算
円くらい

真実を知ることの大切さをみなさまに 安心信頼 探偵興信所社団法人
ページトップへ戻る